重慶三木自動車部品有限公司は2017年に国内の先進的なディスク摩擦材料の生産ラインと研究開発設備を導入し、GB 5763-2008の新国家基準を満たす曳行試験機から、ホスト市場のAK-ASTER、JASO C 406、QC/T 564-2008の性能試験基準とSAEJ 2521騒音試験標準の架台試験機などのシリーズの開発とテスト設備は、国内外のホストとアフターサービス市場の開発ニーズを完全に満たすことができます。

重慶三木は業界の有名な専門家を招聘して、摩擦材料の技術研究開発の仕事を担当しています。長年の自動車本体/アフターサービス市場の製品開発と摩擦材料の研究開発経験があり、国内の多車種のディスクブレーキブロックとブレーキ蹄の開発に成功しました。安全で快適なセラミックディスクブレーキを使用することを研発しました。騒音発生確率はほとんど国内の有名な摩擦材料の同等の性能水準を超えています。国際的に有名な自動車部品ブランドの認可を受けました。また、日本NTCのシニア技術専門家を顧問として採用し、専門家の日本自動車会社での豊富な経験により、会社の研究開発に最先端のホスト市場の顧客性能要求と情報を提供しています。

有名な専門家のほかに、重慶三木は若くて元気な技術と研究開発チームを創立しました。お客様に迅速に高品質の技術と開発サービスを提供できます。